2016年08月28日

石川全中団体戦ダイジェスト

石川全中団体戦の結果
http://soft-tennis.ishikawa-jpa.jp/

【男子団体戦】
昨年優勝校の上宮(大阪)は、2連覇をねらい、
3月に岐阜で行われたヨネックスカップでは団体優勝。今回も優候補の一角と
して注目されていましたが、準決勝の杉戸(埼玉)戦で、2−4、3−4で敗退しました。

対抗としてあげていた、二本松第一(福島)は東北1位で通過し、
昨年の全中では3位、ヨネックスカップと同時期
に行われたミズノジュニア王座では団体1位の実績通りの実力を発揮して4決めの
清明学園(東京)では3本目勝負のファイナルで勝利し、準決勝では
地元中能登(石川)にも3本目ファイナルで勝利し決勝まで進みました。

2回戦で注目だったのが、ジュニア王座で団体2位だった広中央(広島)
対関東1位通過の杉戸(埼玉)との対戦でした。
1本目広中央がファイナルで取りましたが、杉戸の岡安・岡安ペアが終始安定
していて確実に勝利し、層の厚い杉戸ですので、1本敗退しても残りの2本が
きっちり勝利してきました。
Still0826_00005.jpg

杉戸は昨年の全中3位でそのメンバーを維持したまま、3月の都道府県対抗大会
でほぼ杉戸のメンバーで3位、個人戦(ダブルス)でも3位に入賞する
など層の厚さは抜群で、決勝でも結果こし2−0ですが、接戦で勝利を手に
入れました。

Still0826_00000.jpg

【女子団体戦】
女子団体戦の決勝カードは山陽女子(岡山)対鈴峯(広島)でした。

山陽女子は前日の個人戦でも1位、3位と大活躍、その3位ペアを
団体では4番手として使わず、その層の厚さは参加チーム中随一でした。

一方鈴峯は、この世代、県外から選手を招聘したこともあって、
その実力がここへ来て、本領を発揮。4決めでは関東1位の横芝(千葉)
に三本目勝負に持ち込まれるもG4−1で退け、準決勝の取手第一(茨城)
にも三本目勝負で勝利して、勝負強さを見せました。
Still0826_00007.jpg
決勝こそ、西日本同士のチームでしたが、三位は取手第一と稲城三(東京)で
関東勢が上位進出しました。

今年の関東勢は有力チームが多く、関東で昨年優勝の芝東や優勝候補だった
戸塚などが消えていきました。

三位になった稲城三中は三本ダブル後衛で、いわゆるうまいテニスをして
相手を翻弄して、勝利を呼び込む戦術的なテニスをします。
小柄で細い選手が多い中での大活躍でした。
Still0826_00006.jpg

女子団体決勝は4−1、4−1の山陽女子の快勝でした。
選手は3年間全中に出続けた選手が多く、3年越しの
優勝候補チームの優勝で幕を閉じました。
全中DVDを発売開始!!キャンペーン価格です。

今回は個人戦男女、団体戦男女の4巻リリースになります。

●DVD発送を8/31日から8/4日まで都合でお休みします。
お急ぎの方は8/30日午前中までのお申し込みください。
8/30日夕方に発送いたします。

お休み期間でも申込みは常時受け付けます。

詳細はこちらへ
http://echigo.sakura.ne.jp/school/h28zen.pdf

申込みフォーム
http://echigo.sakura.ne.jp/isikawa/postmail.html



posted by 管理者 at 10:04| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。