2011年09月20日

文大杉並の前衛練習

ホームへ 
http://komon.sblo.jp/

P1030830.JPG
文大杉並高校の練習の特徴の一つとして、とにかく、前衛練習が多いことがあります。

高校でも中学でも前衛がうまいなと思うチームは、とにかく前衛の練習に時間を割いています。

今年、奈良全中で女子団体2位になった当麻も前衛がうまい、代表みたいなチームでしたが、
前衛練習をたくさんしていました。

文大杉並高校の練習もとにかく、手を変え品を変えて練習を行いますが、前衛がたくさんボールを触れる練習を行っています。

監督の野口先生は元東京都立の中学教員で監督でした。
その時から、選手の前衛を育てる力は目を見張るものがありました。

もちろん練習内容も重要ですが、多くの中学で行われている練習を見ると、前衛練習が大変少ないのが気になります。

後衛練習、前衛練習と分けて練習する場合でもその割合は前衛の方を多くしないとバランスが取れなくなります。前衛の方がやることが多いからです。

文大杉並の前衛練習の様子をほんのわずかですが雰囲気だけでもと思い、VTRで紹介をさせていただきます。

http://teikyuu.sakura.ne.jp/vtr/bundaizen.wmv


posted by 管理者 at 14:55| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。