2015年11月17日

第10回ソフトテニスジュニアジャパンカップ 結果

結果
http://www.cmp-lab.net/users/MST/step4-2015/

アンダー選考会の最終、ステップ4で行われるダブルスとシングルスをジュニアジャパンカップ
としてトーナメントを行うようになりました。

上記は今年の11月14,15日に行われた試合の結果です。
練習の様子とあわせて、アンダーの選手が決定します。



posted by 管理者 at 15:00| Comment(0) | 日記

2015年11月02日

雁行陣トップレベルの選手の前衛の動き

2015山形全中の男子個人戦尾上中対西郷第一中学校の決勝戦の様子です。
1枚目〜3枚目まで同じ対戦の写真です。
無題2.jpg

1枚目はストレート展開になった瞬間の写真です。前衛オーバーを向こう側(西郷第一が行って、手前の
後衛が走ってバックハンドで打つ瞬間のポジションです。


無題3.jpg

上記の2枚目は1枚目のすぐ後の瞬間で、向こう側後衛が打つ場面です。
黄色ユニフォームの後衛は、クロスに引っ張ろうとしていて、手前の前衛(水色ユニフォーム)は
それを察知してクロス(右)に飛びだそうとしています。

ポジションの中でストレート展開が一番難しいと言われますが、男子のトップレベルになると、
これくらいのポジションを取るのが当たり前になってきます。

無題4.jpg

最後の一枚は、後衛が前に出された時のストレート展開で,注目は,向こう側(水色ユニフォーム)
のポジションです。
前衛も後衛も一直線に並んでいますが、これは実は間違いではありません。
このポジションで正しいのです。
これもストレート展開ですが、このように状況に応じて臨機応変に対応できることも大事になります。

「VTRメルマガ」
第163号
2015/11/5
雁行陣トップレベルの選手の前衛の動き
2015全中男子の試合の中から、トップレベルの
特徴的な前衛の動きを、いくつか紹介しながら
トップレベルの前衛の動きとはどういうものなのか
を紹介していきます。

VTRメルマガ今後の予定(申し込みも以下から)2015/10/13日更新
http://echigo.sakura.ne.jp/magmag/yuuryou.htm

【2015山形全中DVD】
ダイジェスト版と、試合ノーカット版
合計37巻、すべて発送可能です。

http://echigo.sakura.ne.jp/school/h27zen.pdf
posted by 管理者 at 11:34| Comment(0) | 日記

2015年10月25日

平成28年度全国中学生大会の会場

image-28f78.jpg
平成28年度全国中学生ソフトテニス大会が行われる会場に来ています。
石川県の能登町のスコートです。
大会は来年の8月22日23日24日の三日間で行われます。
テニスの町として有名な能登町は、ソフトテニス関連のあらゆる全国大会を経験している街でもあります。
何回か行ってる強化のための大会に参加をしています。
image-e7584.jpg
posted by 管理者 at 08:14| Comment(0) | 日記

2015年10月20日

構え


写真はパワーポジション
構えの基本です。
頭と膝と足がご覧のように一直線に並ぶのが、パワーポジションの基本です。

02無題.jpg

ただ、この姿勢をご覧のような中学生女子や小学生が維持し続けるのは大変です。

筋力が足りないからです。

大人と子供、男子と女子が同じで良いのか?という問題があります。

さらに、4スタンス理論というのがあって、この状態ではつま先体重が基本ですが、人によっては「かかと」
体重もあり得るという考えもあります。

VTRメルマガ
第161号
2015/10/25
待球姿勢を考える
4スタンスやパワーポジションなど、どこに
体重をかけて姿勢をどのようにするのか?
ボールを待つ時に、どういう姿勢が良いのか?
男女の差と中学生レベルでの姿勢について考えます。

VTRメルマガ今後の予定(申し込みも以下から)2015/10/13日更新
http://echigo.sakura.ne.jp/magmag/yuuryou.htm

【ソフトテニススクールHP】↓↓↓↓
http://echigo.sakura.ne.jp/school/
posted by 管理者 at 13:51| Comment(0) | 日記

2015年09月28日

和歌山国体

公式ページ
http://www.kirokukensaku.com/kokutai/kokutai_index1.html

ソフトテニスオンライン
http://blog.livedoor.jp/supplements2/

ダブルス2のシングルス1で競われます。今年からシングルスが導入
されています。

選手は5名でダブルス、シングルス、ダブルスの順で対戦します。

和歌山の白浜町はずいぶん遠いのですが、何とか観に行きたいと画策中です。

image.jpg
posted by 管理者 at 11:03| Comment(0) | 日記

野口ノート 新作DVD発表 ■実践編

Still0925_00010.jpg

DVD VOL7 NEW

■実践編「1をつくる」のステップアップ
 2014年入学の新入生1年生(初心者)が「1をつくる」でソフトテニスを始めました。その1年生が中学2年生の夏になった時、その後の1年をどのような方針で過ごせば良いのか?「1をつくる」からのステップアップとして後衛は、前衛はどのようにしていけば良いのか?野口先生は明確なビジョンを持って今後の方針を示してくださいました。ジュニアでない選手たちの実践編として、このVOL7は必見ですし、見本として登場する世界チャンピオン高校生選手のプレーを見るだけでも価値のあるものです。

noguti無題.jpg

DVDの内容
・エピローグ(今までの流れと初心者中学1年生たちの成長過程)
・「1をつくる」の準備をする。
・構え(いつ、どう構えるのか)とステップ スプリットステップも含む
・見本となる選手の動きとフォーム
・後衛の7球打ち練習メニュー
・前衛の対応 他

VOL7キャンペーン
VOL7に限り、1巻4、980円(送料、税込)に割引します。(平成27年10月26日まで)VOL1〜7の6巻同時お申し込みの場合45、360円のところ割引で、
33、500円となります。(料金はいずれも後払い、振込手数料と送料・税込の金額です)

さらに、VOL7を含むお申し込みをした方、先着30名様に野口先生の最新本「野口英一著作 ソフトテニス基本と勝てる戦術」を1冊無料でプレゼントいたします。

123456.jpg
↑この本を30名様にプレゼント

詳細解説ページ
http://echigo.sakura.ne.jp/school/noguchi.pdf

申込み先
http://echigo.sakura.ne.jp/noguchi/postmail.html
posted by 管理者 at 10:25| Comment(0) | 日記

2015年09月23日

東日本研修大会(秋 菅平)結果

9月のシルバーウイークに長野県菅平で行われた東日本研修大会(女子)の結果です。
個人戦は桂式、団体戦はリーグ後トーナメントです。
19日 個人戦
1位:高場・高林(榛原)
2位:横山・三関(上色)
3位:吉田・山岸(式下)

20日 団体戦
1位:広島(埼玉)
2位:取手第一(茨城)
3位:榛原(奈良) 西郷第二(福島)
IMG_2283.jpg
21日 個人戦
1位:佐古・藤城(加木屋)
2位:長谷川・土屋(稲城第三)
3位:高島・藤原(稲城第三)

22日 団体戦
1位:加木屋(愛知)
2位:稲城第三
3位:広島(埼玉) 宝達(石川)
IMG_2290.jpg

IMG_2288.jpg
優勝の加木屋中

23日 個人戦
1位:赤川・西東(戸塚)
2位:久保田・小池(赤堀)
3位:浅倉・関根(戸塚・広島)

image.jpg
写真は、1位と2位のペア。久保田・小池ペアは1年生ながら山形全中個人ベスト8。西東選手は山形全中個人戦3位の2年生。今後注目の2ペア。
posted by 管理者 at 06:07| Comment(0) | 日記

野口ノート

Still0917_00004.JPG

Still0917_00003.JPG

Still0917_00000.JPG

1を作るでスタートした1年生が、今度は主役の二年生の新人の時期になりました。

ジュニアでない初心者からの選手たちですが、全国レベルには程遠いものが
ありますが、何とか、それでも、新人の県でベスト4くらいまでの実力に
成長してきました。

8月中旬に数ヶ月ぶりにこの選手たちを引き連れて文大杉並に
訪問に出かけたという話を前号しました。

そこで学んだことがいくつかあります。

1 1をつくる 基本の再認識
2 後衛の分岐点 ランニングストロークでの引っ張り
3 打つ前の構えや動き方
4 準備をした上で1をつくるで打つ
5 実戦的な7(8)球打ち
6 前衛の動きをからめる

以上の6つが、その学んだことの概略です。

基本の再認識は大事な点だと思います。

2までは今までお伝えをしてきたものになります。

3以降は新しい発見です。

前衛の育成に長けている野口先生ですが、最後の6は、その一端を垣間見ることが
できる内容だったと思っています。

3と4は、選手の動きの問題になっています。
1をつくる以前の問題なのですが、1をつくるためには、そのための準備を
早くしなければいけなく、それを行うことで、1をつくるが早く、そして
スムーズになるというものです。

以下は上記のダイジェストでお送りします。
本格的な詳細は、後日発表する野口ノートDVD VOL7でお送りいたします。

VTRメルマガ
第159号
2015/9/25
野口ノート VOL7
文大杉並の野口先生の待望の第7弾を
お送りします。上記はダイジェスト版に
なります。

VTRメルマガ今後の予定(申し込みも以下から)
http://echigo.sakura.ne.jp/magmag/yuuryou.htm
posted by 管理者 at 05:58| Comment(0) | 日記

2015年09月15日

△伸縮コーンをプレゼント

Still0914_00003.jpg
伸縮コーンを使ってというのを、最近のテーマにしてきましたが
このコーンを2つ無料で提供します。

と言っても、スクールのDVD練習ドリル5を申し込みの方に限り、期間限定で提供します。

内容はこんな感じです。
テーマは目標物としての使い方と、行動を制限する使い方を練習の中で
どう活用していくかというものと、球出しの方法を説明しています。

球出しは、そのやり方一つで、選手の上達のスピードが明らかに
変わってきます。その方法をお伝えしたものです。

【練習ドリルVOL5 目標物(コーン)の使い方と球出しの技法】
                     DVD38分
・コーンタッチとステップの強化方法(コーン周回)
・サーブコースとコーンの位置、その意味
・前衛の動きを決めるコーン
・目標物を使った練習
・強化する後衛練習、手投げの方法
・前衛練習での球出しの方法
・選手同士で球出しをする方法  他

 より詳しい説明は以下をごらんください。
http://echigo.sakura.ne.jp/school/ren5.pdf


練習ドリルのページ
http://echigo.sakura.ne.jp/school/dorill.pdf

【料金】
通常価格1巻=4、600円 全巻の場合19、000円 です。
いずれも受講料+振込手数料+送料込のお値段です。

「VOL5発行キャンペーン(平成27年10月15日まで)」
 新作のVOL5は1巻4,600円ですが、伸縮コーン2つが付きます。
VOL1から4は1巻あたり3、600円とさせていただきます。
全5巻同時お申し込み限り、
5巻15、400円で提供いたします。
(伸縮コーン2つ付)

●上記VOL5の発送は9/23日以降になります。


山形全中のDVDダイジェスト版も完成です。発送中です。

【2015山形全中DVD】
ダイジェスト版と、試合ノーカット版
合計37巻、すべて発送可能です。
格安です。詳細は以下から。
http://echigo.sakura.ne.jp/school/h27zen.pdf

誠に勝手ではございますが、下記日程を発送休業とさせて頂きます。

平成27年9月17日〜平成27年9月23日
posted by 管理者 at 20:27| Comment(0) | 日記

2015年09月08日

伸縮コーンの活用

伸縮コーン紹介.JPG
伸び縮みすることによって、収納性が高いことと、上をラケットでたたいても
クッションになって都合が良い。

koon1無題.jpg
コーンを回りながらステップの練習をする。
目標物を使った練習は様々あるのですが、選手の動きを規制したり、
動きを早くする方法にも有効です。

上のブログもその写真なのですが、コーンの周りを回ってボールを
連続で打ちます。

ラケットを両手で持って、サイドステップでコーンの周囲を回ります。

スピードをもって回ることで、素早い動きとステップを練習します。

第158号
2015/9/15
伸縮コーンの使い方
ホームセンターで思わず見つけた
△コーンの伸縮版、これを使うと
様々な練習に活用できます。
機能的練習方法の決定版として
お送りします。

VTRメルマガ今後の予定(申し込みも以下から)
http://echigo.sakura.ne.jp/magmag/yuuryou.htm
posted by 管理者 at 10:25| Comment(0) | 日記

2015年09月02日

2015山形全中の試合をDVDで

なんと、全37巻、そのうち半分程度が完成。
ダイジェスト版と、試合ノーカット版があって、ノーカット版を先行販売します。
格安です。

ご案内
http://echigo.sakura.ne.jp/school/h27zen.pdf

posted by 管理者 at 11:05| Comment(0) | 日記

2015年08月26日

ポケット テニスノート開発

image.jpgCIMG1976.JPG

試合をしていて、ある選手に「どうして、あのポイントでああいう球を打ったんだ?」
と質問を投げました。

そうしたら、その選手は答えることができませんでした。

うまく説明できないのでは無く「あのポイント」ということが理解できなかった
ようです。

あとポイントとは自分たちが負けている1−3つまりゲームポイントだったのですが
その選手はポイントを数えてやっていないということが後々の質問でわかったのです。

点数を数えてやっていないその選手は、初心者どころか、ソフトテニス歴4年ほどの
選手なのでびっくりです。

ですので、ポイントにかかわらず、好きなように打ってミスをしたりします。

ポイントさえ無頓着なのですから、
自分がどれくらいミスしているのか?サーブがどれくらい入っているか?など
もまったく無頓着です。

そんな選手が多いので、ノートを持たせて試合をさせて、ミスのカウントをさせ
ることにしました。

すぐに改善できるものではありませんが、まずはミスをどれくらいしているのか?
自分で理解することと、客観的に数字で表すことが意味があります。

こうすることによって、簡単にミスをしないという姿勢を生み出してくれる
思います。
ポケットノートに入るテニスノートを開発しました。ご案内ページ
http://echigo.sakura.ne.jp/note/p-note.pdf
http://store.shopping.yahoo.co.jp/10softtennis/nznkx8q6h4.html
posted by 管理者 at 22:27| Comment(0) | 日記

2015年08月25日

全中特集ページに

000000001.jpg00000002.jpg
更新しました。

山形全中特集ページ
結果をまとめました。レポートもPDFでまとめました。
http://echigo.sakura.ne.jp/dat/h27zen.htm

全中まとめのページ
http://echigo.sakura.ne.jp/zen/
全中歴代の記録
http://echigo.sakura.ne.jp/zen/rekidai.htm

posted by 管理者 at 14:24| Comment(0) | 日記

2015年08月16日

山形全中オリジナル特集ページ

http://echigo.sakura.ne.jp/dat/h27zen.htm

今年もツイッター等でオリジナルの速報を行います。
希望の対戦があったら、当日にツイッターで要望してください。できるだけ要望に応えていきたいと
思います。
posted by 管理者 at 10:15| Comment(0) | 日記

2015年07月29日

2015山形全中が約1ヶ月後にせまってきました。


2014年高松全中では男子個人戦の高いレベルの高倉・山根ペア(ダブル後衛)の
優勝。決勝の相手、上宮ペアとのすさまじいラリーの応酬が見所でした。
女子の元気はつらつの下江・浦口(太子東)ペアの個人優勝の様子や鈴峯(広島)
の層の厚さを見せつけた女子団体戦の様子など、1年前の熱戦の模様を
皆様に見ていただきたく、特別キャンペーンとして期間限定で
高松全中全5巻をそれぞれ半額でセールします。
↓↓↓↓↓↓
http://echigo.sakura.ne.jp/takamatu/postmail.html
posted by 管理者 at 09:38| Comment(0) | 日記

2015年07月17日

韓国バックと野口先生の本

最近の中学生選手と、ちょっと昔の中学生選手で大きく変化が起こっている
ことが2種類あります。

1つはショートゲーム(フォローやツイスト、短いボールを打つ、取る)が
上手くなってきたなということです。

2つめはバックハンドストロークです。

この両方とも、シングルスやダブル後衛対策にはどうしても必要な部分ですので
その影響も大きいと思いますが、バックハンドについて言えば、韓国バックの
活用が何と言っても最大の功労だと思います。

レベルの差はありますが、多くの選手が普通に韓国バックを使うようになって
きました。

ですが、左手を右ひじに当てていたり、本当の韓国バックの意義を理解して
いなくて、格好だけ真似ている選手も多数います。

そこで、ここ数回は、韓国バックを振り返り、本当の韓国バックとは何なのか?
どう打つのが正しいのかを振り返っていきたいと思います。

VTRメルマガ
第153号
2015/7/25
韓国バックを振り返る
少し薄れてきた韓国バックの
効用を振り返りながら、韓国バックの
打ち方を再掲載します。

VTRメルマガ今後の予定(申し込みも以下から)7/5日更新」
http://echigo.sakura.ne.jp/magmag/yuuryou.htm


【野口英一先生の本が発行されました】
技術論から戦術やメンタルまで、野口先生の集大成とも言えるような本です。
基本から戦術、前衛の動きのポイントや心理的要素など、内容盛りだくさんです。
手前味噌ですが、動きのあるものについては、やっぱり写真よりもビデオがわかり
やすいなと思います。
野口先生の1をつくるではあまり取りあげていない心理面などの部分は、大変
興味深く読ませていただきました。

http://komon.sblo.jp/archives/20150717-1.html

野口先生は
最近ちょっと体調を崩されていましたが、7月初旬から復帰して現在インターハイに
向けてご健闘の最中です。

大好評!!!!!
■野口英一監督の「日本一のチーム作りと技術指導」
〜0からつくるチームづくり、1をつくる技術指導〜

詳細は以下をご覧ください。
http://echigo.sakura.ne.jp/school/noguchi.pdf

10倍上達するソフトテニススクールのyahoo店が開店しました。
クレジット決済が可能になります。よろしくお願いします。
「アドレス」
http://store.shopping.yahoo.co.jp/10softtennis/
posted by 管理者 at 17:03| Comment(0) | 日記

2015年07月08日

スマッシュ

初心者を対象に先日「1から」スマッシュを選手に教えました。

頭の上で縦面を使うというのは、スマッシュとサービスがあるのですが
共通している部分も多いので共通として教えました。

テーマは、頭の上での縦面での面作りです。

面が出来ているという感覚を身につけるためにまずは
テイクバックの時に打つ方向の正面を向いて、そのまま面を立てた
状態でボールを待ちます。

ラケットを、そのまま打球点に振り下ろし、ラケットを止めます。
rimi無題.jpg


ボールは球出しの人(相手コートのサービスラインから球出し)の足下に
ワンバンドするように真っ直ぐ飛んでいくスマッシュを打つようにします。

この時に、横回転が入っていなければ面が出来ている状態だと言えます。

面ができていないと、これが中々できません。

VTRメルマガ
第152号
2015/7/15 ひねりで覚えるスマッシュ
初心者の最初のスマッシュから
どう上達して、どのようにしていくのが
スマッシュ技術を完成させるのか?
体のひねりとヒジの使い方から
その指導技術をお伝えします。


VTRメルマガ今後の予定(申し込みも以下から)7/5日更新
http://echigo.sakura.ne.jp/magmag/yuuryou.htm
posted by 管理者 at 17:02| Comment(0) | 日記

2015年06月30日

レシーブの前衛オーバーからの攻撃法

over無題.jpg当たり前の作戦なのですが、昔ほど、この作戦を見なくなったなというのが
最近の印象です。

レシーブで正面にいる前衛の頭を超えてロブを打って、相手後衛を走らせる
、いわゆる展開する作戦が、この攻撃法なのですが、典型的で有効な攻撃に
なります。

ただ、前衛のいない場合(ダブル後衛)や前衛がサーブの場合では
この作戦は出来ないので、以前よりも見なくなったのは、それが主な原因
だと思います。

というのは、旧ルール(日本ルール)の時代は、前衛が常にいて、レシーブで
前衛オーバーは、当たり前のようにたくさん使われました。

その印象が強いので、「減ったな」と思うのかもしれませんが、実際には
作戦として今でも有効なことには変わりありません。

自分自身も振り返ると、以前は、この攻撃方に合わせて、様々練習をして
きましたが、そういえば、だんだんと練習量が減っていることに
気付きました。

今回は、この攻撃法を振り返って、ソフトテニスの基本中の攻撃を考えると
ともに、それに伴う技術を論じたいと思います。



【ソフトテニス誰でも10倍上達します】
http://www.mag2.com/m/0000245935.html


VTRメルマガ
第151号
2015/7/5
レシーブの前衛オーバーからの攻撃法
旧ルール時代に、まずレシーブは前衛オーバー
という戦略がありました。
何でもかんでも前衛オーバーということは
なくなった現在ですが、振り返ってこの戦法を
考えていきます。

VTRメルマガ今後の予定(申し込みも以下から)
http://echigo.sakura.ne.jp/magmag/yuuryou.htm

顧問のホームページ
http://echigo.sakura.ne.jp/komon/
posted by 管理者 at 11:24| Comment(0) | 日記

2015年06月19日

短いボールをどう扱えば良いのか?

「短いボールは短く返せ」と言い続けてきました。

短いボールを相手に返す時、走りながらの場合が多いのですが
相手コートにただ、ポーンと返すと、前衛につかまったり
相手後衛にチャンスボールとして次に打ち込まれたりします。

そうなるくらいなら、短いボールを短く返すことによって
相手も苦しむことになりますし、技術的にも安定感のある
プレーを生み出すことができます。

短く返すことによって「攻め」を実現していたのです。

ですが、試合を見ていると、選手は、上記のような状況で
短く返さないで、よくロブを上げているのを見かけます。

短いボールを前方に走っていきながらロブを上げるというのは
難しい技術だと思うのですが、特に相手の前衛がネット
にいる場合は、よく行っています。

そのロブはよくアウトもしますし、前衛につかまってスマッシュ
という場合もあります。

考えてみると、こういう練習をしていないので、ミスが多くなるのも
当然です。

ですが、これが上手くなれば、短いボールを短く返すだけでなく、
別の攻めに転じることができます。

前衛オーバーのロブを打てば、相手後衛を走らせることになるので
展開が始まります。

ロブは時間がかせげますので、その間に体勢を立て直すこともできます。

そんな練習を行ったのが以下の写真です。
Still0619_00001.jpg
posted by 管理者 at 21:31| Comment(0) | 日記

2015年05月19日

ダンロップ杯結果

5月16.17日 福島県白河市他
中学男女団体戦

男子結果
1位西郷第一 2位芝
3位横芝 二本松一
http://userimg.teacup.com/userimg/6614.teacup.com/kohtsu/img/bbs/0006709.jpg

女子結果
一位 千代田女学園(東京)  二位 横芝(千葉)
三位 芝東(埼玉) 稲城第三(東京)
http://userimg.teacup.com/userimg/6614.teacup.com/kohtsu/img/bbs/0006704.jpg

情報元
http://www2s.biglobe.ne.jp/~k-ohtsu/tohokusoft.htm

北海道、東北、関東、から各県のベスト4以上が出場。一日目雨で女子は会場変更も予定通り予選リーグを
実施。
posted by 管理者 at 07:16| Comment(0) | 日記

2015年05月07日

東日本中学選抜ソフトテニス大会結果

東日本中学選抜ソフトテニス大会結果

5月4日〜6日
大原運動公園

女子団体戦
1位:巻東(新潟)
2位:芝東B(埼玉)
3位:能都(石川) 柿崎(新潟)
5位:宝達(石川) 戸塚(埼玉) 東那須野(栃木) 立川(山形)
image.jpg
posted by 管理者 at 12:13| Comment(0) | 日記

中学生東西交流大会

富山県高岡市 5/3−6
男女団体戦 個人戦
近畿、関東、北信越、東北、東海から多くの有力チームが参加
以下詳細結果あり
http://www.softtennis-toyama.com/index.php?page=juniorhigh&mode=result&key=2015_away
posted by 管理者 at 11:44| Comment(0) | 日記

2015年05月01日

東日本研修大会結果

4月25.26日 長野県菅平

団体戦結果
1位:芝東(埼玉) 2位:取手第一(茨城)
3位:加茂・今町・見附連合(新潟) 加木屋(愛知)
5位:巻東(新潟) 赤堀(群馬) 能都(石川) 燕(新潟)


芝東.JPG
写真は優勝の芝東Aチーム。
posted by 管理者 at 09:17| Comment(0) | 日記

2015年04月09日

都道府県での撮影

Still0409_00000.jpgサブアリーナも、前後に撮影ポイントが全くなく、横からの撮影しかできない
のですが、何とか斜め方向を確保して苦しい撮影を行いました。

そこでの熱戦、ベスト4決め、福島対和歌山の試合がありました。
福島は高松全中昨年2位のメンバーを抱えていますし、和歌山も小学生時代から
トップの実績をもっている選手がいるチームで、近畿では特に有力視されて
いました。

その試合が1−1の3本目勝負にもつれ込みます。
3本目は根本・斎藤ペア(福島)対松原・前田ペア(和歌山)です。
根本選手は西郷第一の後衛選手で、高松全中団体2位のメンバーです。
松原・前田ペア(和歌山)ペアは小学生時代、白子の全国大会で2連覇して
いるトップペアです。

この試合がG3−2で福島リードした6ゲーム目、この試合だけで20分
近くかかる大接戦になります。

レベルの高いラリーが続いて、双方ともミスをしないので1ポイントが
長いだけでなく、何度もジュースを繰り返します。

最終的には、福島が勝つのですが、福島の勝利は、この大接戦の勝利なしに
無かったわけですから大事な一戦になったわけです。

サブアリーナで行われたこの試合を関係者以外で見ている人は少なかった
と思うので、貴重な撮影になりました。(都道府県DVDのVOL1に収録)

http://echigo.sakura.ne.jp/school/todo2015.pdf


メルマガ発行しました。(この話と他収録)
http://archive.mag2.com/0000245935/index.html
posted by 管理者 at 14:49| Comment(0) | 日記