2015年04月06日

都道府県対抗大会、試合の様子をDVDで配信いたします。


都道府県対抗大会は過去、ビデオ販売はしてきていませんでした。
もちろん、テレビ放映も今までなく、1回も見たことのない人が多いのではない
でしょうか。

今回、日本ソフトテニス連盟の許諾を得て、撮影・販売を行うこととしました。
全6巻、男女団体戦、男女ダブルス、男女シングルスになります。

詳細と申し込みは以下へ
http://echigo.sakura.ne.jp/school/todo2015.pdf


*お申し込みはFAXとフォームから可能ですが、フォームでうまく送信できない
場合は、このメールに必要事項を明記の上、返信していただければOKです。
フォームで申し込みの場合、24時間以内に必ず受領の返信(自動返信以外にもう1通)
を送付しますので、それが来ない場合はフォームで上手く送信できていない可能性が
あります。

「10倍上達するソフトテニススクール」主なラインナップ
http://echigo.sakura.ne.jp/school/tirasi.html
posted by 管理者 at 20:14| Comment(0) | 日記

ヨネックスカップ結果

3月末に岐阜で行われた男女団体戦のヨネックスカップ
以下は女子の上位の結果です。以下リンクに男子のリーグの結果と女子の詳細結果が
掲載されています。

「女子結果」
1位:芝東(埼玉)
2位:和歌山信愛(和歌山)
3位:鈴峯女子(広島)

詳細は以下より(リンク)
http://blog.livedoor.jp/supplements2/archives/65702978.html
posted by 管理者 at 19:10| Comment(0) | 日記

2015年03月30日

ジュニア王座決定戦結果

3月30日四日市
学校対抗の女子団体戦
優勝は岡山の山陽女子中学校、
二位東京の千代田女学園
image.jpg

男子団体戦結果
image.jpg
posted by 管理者 at 17:17| Comment(0) | 日記

ミズノカップ結果

29日に行われたミズノカップ結果です。
雨の中男女ともに四日市ドームに移動しての試合になりました。
image.jpg
女子優勝は、山陽女子の方です。

image.jpg
posted by 管理者 at 08:38| Comment(0) | 日記

2015年03月28日

28日都道府県対抗大会の様子

速報はツイッターで流しています。

https://twitter.com/teikyuu

男子団体戦は波乱の幕開けです。
県営体育館で行われていた岐阜対群馬の試合で群馬が20で快勝し.
優勝候補の一角、岐阜が敗退しました。
伊勢湾本日も快晴ながら風がけっこう吹いていて女子の会場では風に左右される展開になっています。
12時現在まま女子シングルス女子ダブルス1回戦が行われています

image.jpg

男子団体戦 決勝戦結果福島県A-0宮崎県福島県が優勝しました。

女子ダブルス 決勝戦結果竹田・中野(兵庫)C-2長谷川・原田(岡山) 竹田・中野が優勝しました。
決勝岡山 森岡選手対神奈川 鈴木選手の対戦はC-2で神奈川 鈴木選手の勝利です。

全試合結果
http://www.ztv.ne.jp/ochiai/todouhuken_taikou/todouhuken_taikou.html
posted by 管理者 at 12:16| Comment(0) | 日記

2015年03月27日

都道府県対抗大会27日

本日は朝から快晴です。
男子は個人戦女子は満杯先が行われています。
現在10時ですが女子団体戦は1回戦が行われています。
ツイッターで1回戦の試合結果を掲載しています。



なお撮影と配信については日本ソフトテニス連盟より許可を受けて行っております。

男子ダブルスの様子です。



男子ダブルス
136対144の試合の様子です。


男子シングルス
230対233の試合の様子です。
手前は233番のアンダー14の中川選手です。

posted by 管理者 at 10:16| Comment(0) | 日記

2015年03月26日

都道府県対抗大会開幕

本日26日開会式です。
ツイッターで詳しくその様子をレポートしています。
ここでも後で動画や写真を入れます。

選手団紹介中
image.jpg

ツイッターに開会式で行われた抽選で決定した男女団体戦の組み合わせを掲載中です。
https://twitter.com/teikyuu
明日もツイッターで速報を入れていきます。

男子団体戦は、右山に有力所が固まりました。
全小世代で優勝した福島を第一の有力候補に、対抗する,岐阜、大阪、和歌山、福岡がみな右山に集中しました。
特に大阪と和歌山については1回戦での対戦となりました。
福岡も勝ち上がると、2回戦で山形と対戦、その後にすぐに岐阜が待ち受けているという状態です。
厳しいブロックになりました。

女子は、近畿勢では最有力の兵庫が第一シードに入り、左下のベスト4の山に東日本で有力の新潟、九州で有力の大分、近畿勢の和歌山,大阪の有力どころが入り、一番の激戦区になりました。
右は中国ブロックの有力県の岡山に注目、右下の4のブロックは潜在力はナンバー1の埼玉と関東で一番の実績の千葉の対戦が楽しみです。

posted by 管理者 at 15:54| Comment(0) | 日記

2015年03月08日

診断するということ

123456無題.jpg

前の記事で診断シリーズ終了にともなうキャンペーンのお知らせをしていますが、

指導者の的確な診断と指導は選手を確実に上達させます。「くせ」のついた選手を、
そのままにしておくと、練習を積み重ねるほどに下手になっていくということもあります。

初心者には初心者なりの診断が必要ですし、初級から中級レベル、そして上級レベルに
上達させていくには、指導者の的確な診断と改善指導が必要になります。

その実際を、それぞれのテーマ内容を一人の選手を長時間追いかけながら、どう変化したのか?
また現在の選手の改善点は何なのか?

診断は選手を上達させる指導者の力量を一番表すものと言えます。

先日、文大杉並の野口先生のところにおじゃまして、中学2年生でこれから夏の中体連に向けて
勝てる選手になるために、短所を削る診断をしてもらいました。

詳細はメルマガや、スクールの講座DVDでご紹介しますが、野口先生の診断は的確で深さを
強く感じるものでした。

診断シリーズキャンペーンのサンプル動画です。DVDの一部をご紹介。
http://echigo.sakura.ne.jp/school/sinndannsample.wmv


posted by 管理者 at 14:23| Comment(0) | 日記

10倍上達するソフトテニススクールのお知らせ

2015.3.8 診断シリーズ終了キャンペーンを開始しました。
http://echigo.sakura.ne.jp/school/sinndann.pdf

10倍上達するソフトテニススクール
http://echigo.sakura.ne.jp/school/

2014.3.8 主な講座のラインナップ全中、都道府県のDVDはこちらから
http://echigo.sakura.ne.jp/school/tirasi.html

このシリーズは2015年4月31日に終了します。
1講座=4、800円 が 2,980円へ
(料金は後払い、振込手数料と送料・税込の金額です)

全講座(1〜3)申し込みの方は11、550円(全3講座+送料込)が8,600円 (全3講座+送料込)になります。
posted by 管理者 at 14:00| Comment(0) | 日記

2015年03月04日

平成26年度都道府県対抗大会について

平成26年度(2015年3月)の都道府県対抗大会が今月末、三重県伊勢市で開幕します。
過去の都道府県の結果を平成10年からまとめてあります。
http://echigo.sakura.ne.jp/komon/todo.htm

今年はこのような日程で、ツイッターやブログで速報を写真や動画なども入れながらお伝えしていく
予定です。

26日:開会式16:00〜
27日:女子団体戦 男子個人戦
28日:男子団体戦 女子個人戦
http://echigo.sakura.ne.jp/komon/h26todo.htm

posted by 管理者 at 14:04| Comment(0) | 日記

2015年02月15日

終活とダイヤル電話

平成元年に始まった都道府県対抗大会も、歴史を重ねてきました。

ネット上の「終活」という話が出ています。

フェイスブックで自分が死んだ後に、そのアカウントを生かすために
相続人を生前に指名できるというような制度らしいです。

平成8年頃から、ホームページや掲示板などを運営してきましたが
かれこれ、20年近くになるのだと実感するできごとがあります。

昔の都道府県対抗大会の様子や、ローカルな大会の結果などを振り返ろう
と自分のページのリンクをクリックすると、NOT Foundと出るではないですか。

それだけ無頓着だったことに、自分にがっかりですが、これはどうしたことかと
探っていくと、あるサーバーは2年前にサービスを停止、あるサーバーは
1年前にサービスを停止と、次々にサービスを停止しているではないですか。

やっかいなことに、そういうお知らせは、そこのサーバーのメールアドレスに
送られてくるので、ノーチェックのまま、通り過ぎてしまっていました。

でも,ひどい話だと思うのです。
一つのサーバーは最初に料金をはらって,容量の範囲であれば、期間を設けずに
使える契約だったのです。ですので安心をしていました。
最初に、こんなので儲かるのか?とも思ったのですが良いサービスだったので
そのまま使っていました。

それこそ,終活のつもりで、死んでもホームページは残り続けるなと思っていたのですが裏切られた気分です。

先日、ある古い体育館でダイヤル式のピンクの公衆電話がありました。
image.jpg
それを小学生や中学生の選手たちが、珍しがって,これ本当に電話がかかるの?
と目を丸くしているのです。

そこで10円を入れて自分の携帯にかけさせると、みんなびっくり!驚くのです。

何という時代の変化でしょう。

当たり前にあった、あのピンクの電話が世の中から消滅している証拠ですし
ダイヤル式の電話を知らない世代が当たり前になってきたのです。

これだけの時代の変化に、ネットの世界で永遠になどということはない
のではと、経験上思うのです。

過去の大会結果は現在修復中です。データのバックアップはあるので
2月いっぱいには,過去の都道府県対抗大会の試合結果等は全て回復する予定です。


第138号
2015/2/25
前衛のスライスポトリ
ラケットの横面でネット際で
ノーバウンドでポトリと
落とす。その技術を身につければ
格段と前衛のポイント力が
アップします。その技術を紹介します。

VTRメルマガの計画を更新しました。(2月15日)
http://echigo.sakura.ne.jp/magmag/yuuryou.htm
posted by 管理者 at 12:56| Comment(0) | 日記

2015年01月28日

前衛サーブ後衛レシーブの場面


先日、大学生になったOGと初心者1年生の前衛に組んでもらって試合を
しました。

その時、その大学生が1年生の前衛のポジション、ここで良いんですか?
と聞いてきた場面がありました。

それが、以下のBの方の写真です。
AB無題.jpg

どちらが正しいのでしょうか?
両方とも前衛サーブ(向こう側)後衛レシーブ(手前)の場面です。

Aはレシーブ側の前衛がネットについていて、Bは同じ場面でネットから
離れています。

青いラインがサービスラインですので、その下がり具合がわかるかと思います。

一般的にはフォローの必要が無い場面ですので、Aが正解のように思うかも
しれませんが、1年生の初心者にはBを進めています。

理由は、後衛のレシーブに期待をするからです。

自分の後衛、写真で言うと手前のレシーブする予定の後衛ですが、この
後衛が、センターに打ってくれたり、前衛めがけて打ってくれる、そこで
上がってくるチャンスボール(スマッシュや死に球)などを一番取りやすい
位置で待ち受けているのです。

初心者で、前衛で、サーブを打った後に、後衛が打ち込んだボールをサイド抜きに
来ると言うことは、まず稀なケースだと思います。

そうなると、相手はロブを上げてくる可能性が高くなるので、ネットについて
相手のロブを上げやすくしてあげる必要はないわけです。

ですが、レベルがかなり上がってくると、ここでネットにつくことも選択肢と
しては出てきます。

相手が前衛と言えども、シュートで逆襲してくることは十分考えられるからです。

このケースは、状況や相手などを見極めて、ポジションというのはスタート
ポジションでも変えて行く必要があるんだということを教えてくれるものになります。

VTR版
【ソフトテニス誰でも10倍上達します】
「プレミアム」第136号2015/2/5
前衛のスタートポジションの意味 2

前号の続きになります。
前衛サーブ後衛レシーブ
前衛サーブ前衛レシーブ
この4つのパターンの前衛の最初のポジション
と考え方を詳しく解説します。

VTRメルマガ今後の予定(2015/1/25更新)
http://echigo.sakura.ne.jp/magmag/yuuryou.htm

スクールの特別講座(特別講座1〜7)の格安キャンペーン中です。2月10日
までになります。
http://echigo.sakura.ne.jp/school/ssss.pdf
posted by 管理者 at 11:47| Comment(0) | 日記

2015年01月19日

ソフトテニス語録と生活語録

野口先生の生活指導語録が届きました。
一部です。

あ・・・愛情をかけろ(愛情を持って接すれば、必ず通じる。)
い・・・命の大切さを教えろ(人の命の尊厳を知らせる。)
う・・・嬉しさを顔に出せ(ともに喜ぶ一体感)
え・・・笑顔を絶やさず(笑顔は安心感)
お・・・重く誉めろ(ねらいをさだめて)

つづきは以下にリンクがあります。
http://echigo.sakura.ne.jp/bundai/

00000000画像1.jpg

「案内と申し込みはこちらから」
http://echigo.sakura.ne.jp/school/noguchi.pdf

「申し込み」
http://echigo.sakura.ne.jp/noguchi/postmail.html
posted by 管理者 at 14:35| Comment(0) | 日記

北信越インドア大会結果

2015/1/18 新潟県リージョンプラザ上越

団体戦のみ実施

女子
1位:押水(石川)
2位:巻東(新潟)
3位:城端(富山)  飯島(長野)

男子
1位:滑川(富山)
2位:出町(富山)
3位:燕中等(新潟) 中能登(石川)

関連リンク
(富山県ソフトテニス連盟)
http://www.softtennis-toyama.com/index.php?page=juniorhigh
(新潟県ソフトテニス連盟)
http://nsta24.jimdo.com/
posted by 管理者 at 12:03| Comment(0) | 日記

2015年01月15日

東京インドア・東北インドア大会結果

東北中学校インドア大会結果
男子 1位 西郷一(福島)2位 二本松一(福島) 
3位 森吉(秋田)、尾上(青森)

   準決勝 西郷一 2−1 森吉   二本松一 2−0 尾上
    決勝 西郷一 2−1 二本松一

女子 1位 志波姫(宮城)2位 立川(山形) 
3位 山形五(山形)、中里(青森)

   準決勝 立川 2−1 山形五  中里 1−2 志波姫
    決勝 立川 1−2 志波姫

東京インドア大会結果 男子は杉戸(埼玉)、女子は昇陽(大阪)が優勝。
http://park14.wakwak.com/~soft-tennis/2015Tokyoindoor.pdf
posted by 管理者 at 12:11| Comment(0) | 日記

世界ジュニアチャンピオン

先日、地元に世界チャンピオンが来たので、インタビュー(と言っても
ちょっと話を聞いただけですが)をしました。

世界チャンピオンとは、11月にインドで5年ぶりに行われた世界ジュニア
選手権大会のアンダー15女子の部のシングルスとダブルスで優勝した
埼玉広島中の林田選手です。

まだ現役同然で活動していて、同学校の1年生の面倒を良くみていました。

ちょっとだけインドの話と、台湾や韓国の選手の話を聞きました。

台湾の選手は硬式のような変則的な打ち方だった、韓国の選手はシュートの
コースが厳しいという話でした。

その中でも、シングルスとダブルスで優勝したので、林田選手の方が一枚
上なのではと思いますが、この印象は,5年前の世界ジュニア、アジア選手権
世界選手権などの大人の国際大会でも受ける印象は同じものです。

でも、若年世代は日本が優勢なのですが、大人の世界では日本は明らかに
劣勢です。

それはおいておいて、林田選手にインドの印象は?と言ったら、「うーーん」
という感じでした。

林田選手の世界ジュニアへの参加は、都道府県対抗大会ではシングルス3位、
一昨年のジャパンジュニアのシングルスで1位等の実績で選出されたものと
思います。

もうすぐ中学も終わりですが、新天地でも活躍してくれると予感させる
試合ぶりを地元で見せてもらったり,当方の選手と試合をしてもらいました。
CIMG9980.JPG
「林田選手」広島中(埼玉)

2009年第1回世界ジュニア
http://komonn.sakura.ne.jp/2009junior/

以下に今回の大会の様子が掲載されています。(リンク)
http://blog.livedoor.jp/supplements2/archives/65690575.html

「日連のページ」
http://www.jsta.or.jp/news/2014/11/6843.html
posted by 管理者 at 12:11| Comment(0) | 日記

2015年01月08日

ダブル後衛で戦う!ダブル後衛と戦う!

久しぶりの、オリジナルの講座開講です。
【特別講座7】 ダブル後衛で戦う
           ダブル後衛と戦う (DVD49分)

 2014年高松で行われた全中男子個人戦決勝は、印象的な試合になりました。

ダブル後衛が屈指の雁行陣ペアをやぶる結果になりました。
女子団体戦ではダブル後衛主体のチームが優勝を飾りました。

この2つの試合もご覧いただきながら、ダブル後衛として戦うのに必要な戦略
や技術は何なのか?ダブル後衛を倒すためにはどうすれば良いのかをテーマに
しています。

そのポイントは、後衛のコースねらいと,コートの前のスペースを使う技術と
戦略、前衛のスマッシュと短いボレーが重要になります。その技術と練習方法を
詳しくお伝えしていきます。

●スクール特別講座で特別講座は以下からご覧下さい。
(攻めのテニス、守りのテニス、左利きだけのスペシャル、韓国バック等々)
http://echigo.sakura.ne.jp/school/ssss.pdf

特別講座7開講記念キャンペーンを実施中です。
期間は平成27年1月7日〜2月10日までの1ヶ月間です。
特別講座7が通常5、400円のところ3、980円になります。
さらに今回特別に、キャンペーン期間に限り、
特別講座1〜7のいずれの回も1講座一律3、980円で提供いたします。
金額はいずれも送料、税込みです。

申込みは以下から
http://echigo.sakura.ne.jp/ssss2/postmail.html
posted by 管理者 at 15:22| Comment(0) | 日記

ソフトテニスを題材とした映画

ソフトテニスを題材とした映画が、4月に封切られます。
以下はそのホームページです。
案山子とラケット
http://www.kakarake.com/
posted by 管理者 at 15:16| Comment(0) | 日記

2014年12月30日

2014年末の広域大会結果

年末に各地で広域大会が開催されました。
東海、近畿、九州では新人のブロック大会が開催されています。

近畿インドア大会結果
http://kitakawachisofttennis.web.fc2.com/

東海 ヨネックス杯
http://softtennis2007.web.fc2.com/data/H26/yotei26.html

九州ジュニア選抜大会結果
http://www.soft-tennis.com/~kumamoto/index2-1.html
新聞記事
http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=96835


*千葉県白子で行われたカワサキ杯は最終日決勝トーナメントは
雨天のため中止となりました。

*大会情報をお待ちしております。
posted by 管理者 at 10:18| Comment(0) | 日記

トップ前衛へのレベルアップメニュー

今回は前衛のストロークについて、少し話をしてみたいと思います。
以下の写真のように、左サイドにいる場合が多い前衛ですが、フォア側が広く
空いているサイドだけに、多少の振り遅れでもボールは何となく返っていきます。

これが前衛のストロークを悪くしている第一の原因ではないかと思います。

このせいで、体のひねりを覚えることなく、体を開いたまま打つようになります。
(そういう前衛がたくさんいます)

fujita無題.jpg
前衛のストロークの問題点

でも、後衛のように大きなフォームで打つのでは、前(ネット)に行く場合、不都合です。
そこで小さなテイクバックで、コンパクトに体をひねって前にいくことが大事になります

前衛のストロークと後衛のストロークの違い
fujita2無題.jpg

VTRメルマが
第133号
2015/1/5
トップ前衛へのレベルアップメニュー
どうやって前衛を育てるのか?
トップ前衛へレベルアップするために
必要なこと凝縮したDVD特別講座5
「トップ前衛の・・・」からダイジェストで
エッセンスをお伝えします。

VTRメルマガ今後の予定(2014/12/5更新)
http://echigo.sakura.ne.jp/magmag/yuuryou.htm

スクール特別講座5でDVD41分で詳しく説明
http://echigo.sakura.ne.jp/school/ssss.pdf
【DVD 41分】
・前衛が前に出て行く時のロブ使いのセオリー
・ダブル後衛と戦う時の最大の武器、ポトリボレーの打ち方
・楽しみながら前衛のスマッシュが強化する練習法
・サインを使って試合を行うことでいろいろ見えてくる前衛力  と強化法
・ポジションが圧倒的にわかりやすくなる「3.7mゾーン」の 考え方。
・前衛のストロークはなぜ「下手」なのか?その理由がわかれば 強化ができる。
posted by 管理者 at 10:16| Comment(0) | 日記

2014年12月26日

カットサーブ禁止について

カットサーブが禁止になる?という話が出ています。

その発信元が日本ソフトテニス連盟であるというから、びっくりした
人も多いかと思います。

平成27年度事業計画案(以下に記されています)
http://www.jsta.or.jp/wp-content/uploads/schemes/plan2015_draft.pdf

その中の
競技規則の改訂という中で、

「肩から下でのカットサービスの禁止についての検討を行う。」とあります。

つづきはメルマガで
http://archive.mag2.com/0000245935/index.html
posted by 管理者 at 22:13| Comment(0) | 日記

2014年12月17日

ソフトテニスをオリンピック種目へ

2020年の東京オリンピックで開催国が種目を増やせる規定が採択されて、ちまたでは
野球やソフトボール、空手、スカッシュなどが取りざたされています。

そんな中でソフトテニスも動き始めました!!! 著名を募っています。
ネットで広げていきたいと思います。
http://softtennis-olympic.jimdo.com/

posted by 管理者 at 09:19| Comment(0) | 日記

2014年12月11日

インターハイを優勝するために

文大杉並高校の野口監督から、インターハイを優勝するためにの「続編」が届きました。
去年から今年にかけての、文大の大会経験をもとに書かれたものが中心ですが、
OGが多数参戦した天皇皇后杯の試合での見方なども必見です。新規は38以降です。
http://echigo.sakura.ne.jp/bundai/report2011noguchi.pdf

文大杉並高校ソフトテニス部 訪問記
http://echigo.sakura.ne.jp/bundai/

posted by 管理者 at 11:05| Comment(0) | 日記

2014年12月08日

都道府県選考とテイクバック

メルマガ(無料)を発行しています。
・都道府県対抗の選考方法
・大会結果、それに以下のテイクバックからフォアを直すです。
http://archive.mag2.com/0000245935/index.html

VTRメルマが
第131号
2014/12/15
テイクバックからフォアを直す
野口先生の行った
ある選手のフォーム改善の様子から
テイクバックと手首の関係など。

VTRメルマガ今後の予定(2014/12/5更新)
http://echigo.sakura.ne.jp/magmag/yuuryou.htm

higuti画像7.jpg

野口ノートVOL5,6を新規刊行しました。

「案内と申し込みはこちらから」
http://echigo.sakura.ne.jp/school/noguchi.pdf

「申し込み」
http://echigo.sakura.ne.jp/noguchi/postmail.html


キャンペーンで2巻で格安8、000円で提供します。12/23日までの限定。
posted by 管理者 at 10:49| Comment(0) | 日記

2014年11月27日

東日本研修大会と写真

11月になって、寒さも日暮れも早くなってしまいました。

11月の最初の連休に最後の菅平での試合がありました。
(以前からいろいろ紹介している東日本研修大会です)

いろいろお世話になっている、長野の阪西先生が贈呈する優勝カップを
ネットで購入して持参して大会にも参加してきました。

結果は、3年生中心の混成チームが優勝したのですが、もうすでに冬も
間近のこの時期に、ここに集まる選手たちは、その寒さにもめげずに
懸命に試合をしていました。

結果
女子団体
1位:混成(埼玉広島。杉戸、西郷等々の3年生中心の混成)
2位:戸塚(埼玉)
3位:巻東(新潟) 杉戸(埼玉)

CIMG9843.JPG
この写真は3年生が混ざる混成チーム(優勝)のチームメンバーです。

実はこの記事は、この写真を載せたいためでした。
右から3番目が世界ジュニアで2冠に輝いた林田選手です。

右から4名が3年生でしが、いずれも将来、ジャパン代表選手になっているかもしれません。
posted by 管理者 at 14:53| Comment(0) | 日記

2014年11月24日

世界ジュニア選手権

待望の第2回、予定よりも1年遅れましたが、世界ジュニア選手権が、インドで実施されました。
過去の世界選手権の時2009年に4年ごとという話だったので、もうやらないのかと思っていましたが
着々と準備が進んでいたようですが、もう少し広報してもらいたいなぁとは思います。
2009年第1回世界ジュニア
http://komonn.sakura.ne.jp/2009junior/

以下に今回の大会の様子が掲載されています。(リンク)
http://blog.livedoor.jp/supplements2/archives/65690575.html

U−15が高校1年以下のカテゴリーです。
女子は埼玉の広島中、林田選手が、ダブルスでも,シングルスでも優勝で、2冠を獲得。
男子ダブルスでは、全中個人戦の2位の上岡・広岡(上宮中)対山根・北本(清明学園中・寺井中)ペア
の対戦で、上岡・広岡ペアの優勝でした。
posted by 管理者 at 14:05| Comment(0) | 日記

2014年11月21日

第9回ジュニアジャパンカップ結果

アンダーを決める、ステップ4の一環として行われるシングルとダブルスの試合結果です。
中学2年までがアンダー14で、中3はアンダー17になります。
http://www.cmp-lab.net/users/MST/step4-2014/
posted by 管理者 at 23:42| Comment(0) | 日記

2014年11月20日

バックハンドあっという間の上達法


野口ノートで、1をつくるの検証をVOL5で行いましたが、見ていただいた
方から,バックの検証も行ってほしかったという話をいただきました。

バックハンドは、指導歴が浅い時は,なかなか選手が上手にならずに苦労
したのですが、最近はフォアよりも上手に打てる,得に初心者はバックの
方が早く上達するようになりました。

バックハンド指導は、ポイントがはっきりとしています。
テイクバックと打点と体のひねりです。
韓国バックも日本式バックもいずれもポイントは同じです。

韓国式バックとの出会いは、昔に遡りますが、その本質はわからずじまい
だったと思います。
転機になったのは教え子が実業団で韓国人
に本場の韓国バックを教わり、それを私自身や選手に伝授してくれました。
(それをまとめたものがスクールのDVD特別講座2です)
http://echigo.sakura.ne.jp/school/ssss.pdf

さらに阪西メソッドで特色のあるバックハンド指導に出会い、野口ノート
で1をつくるで,理論的にはっきりしたものが、今回紹介する
バックハンドあっという間の上達法 です。

実にシンプルですが、長年の苦労が凝縮されているものです。
1をつくるのバックハンド版とも言えるものですが,紹介します。

この写真がポイントです。
back]画像2.jpg




VTRメルマが
第129号

2014/11/25

バックハンドあっという間の上達法

バックハンド上達法の、簡単で効果抜群の

指導方法をご紹介します。


VTRメルマガ今後の予定(2014/11/15更新)
http://echigo.sakura.ne.jp/magmag/yuuryou.htm
posted by 管理者 at 12:06| Comment(0) | 日記

2014年11月07日

「1をつくる」を検証中

野口ノートシリーズをスクールで4月からスタートしました。
http://echigo.sakura.ne.jp/school/noguchi.pdf

大変、好評をいただいてきました。
チーム作りと、初心者指導、レベルアップなどの指導をお伝えするのが中心でしたが
その中でも特に重要な柱が、初心者向けの「1をつくる」の指導です。
簡単に言えば、以下のような準備段階の徹底なのですが、これができれば、すべてができると
野口先生が言うように、指導の中心的役割を果たすのが、この1をつくるの指導なのです。

Still1107_00003.jpg

人に勧めるだけでは、いけないと思って、1をつくるを初心者の1年生に4月から教えて
きました。

ところが、最初はわかりやすかった1をつくるなのですが、初心者の1年生がボールに慣れて
くると、それぞれ癖が出てきたり、ラケットの動きと体の動きが速くなってスムーズに
なるにつれて、次第に、「1をつくる」ができているのかどうか、わからなくなってきました。

そこで、夏休みを経て、10月下旬に、6ヶ月「1をつくる」で指導してきたつもりの
1年生初心者を野口先生に見てもらうことにしました。

Still1107_00001.jpg

野口先生には、この子が1をつくるができている、できていないで判断してもらって
1をつくるを再確認してもらったり、初心者から、次のステップへ移る引っ張りの
途中段階を指導してもらったりしました。

その内容のダイジェストは、以下のDVDシリーズで近日公開しますし、VTRメルマガでも
そのダイジェスト版をお伝えしたいと思います。

同時に別内容のVOL6も発行します。


DVD 野口ノート VOL5 とVOL6も近日公開します。
VOL5は、1をつくるの検証。
VOL6は、全中への道と題して、トップレベルの試合でのマネジメントを野口先生の
指導の本当の生の実践指導をごらんいただきます。

2014/11/15
野口ノート続編
文大の野口先生の1を作る
その方法で指導した初心者の1年生
の6ヶ月後、野口先生に1を作るが
できているかどうかを見てもらいました。


今後の予定
http://echigo.sakura.ne.jp/magmag/yuuryou.htm
posted by 管理者 at 11:21| Comment(0) | 日記

2014年10月28日

天皇皇后杯のテレビ放映

ソフトテニス界で唯一ともいうべき、テレビ放映が以下行われます。
この大会は、中学から一般まで、各カテゴリートップ選手と各都道府県の予選会代表と
が対戦する、日本最高峰のダブルスの試合です。
中学生も参加しますが、ここで成績を残すのは至難の業です。

女子の決勝は、この大会限りで引退する、佐々木・大庭組対、小林・平久保組の対戦で
この試合を直接観戦した、文大の野口先生によると、感動的で、貴重な試合だったとのことでした。

佐々木・大庭組は、世代を牽引してきたペアですし、大庭選手はアジア大会のエース選手でしたし
佐々木選手は、中高と北海道で活躍し、その後NTTに移った後も、ジャパンなどで活躍し続けて
きた代表するサウスポー選手です。

いずれも、都道府県対抗や全中の活躍していた時から知っていますが、この世代、杉本選手や上原選手が
すでに引退する中、がんばってきた二入が最後に優勝で自ら花を添えたという結果でした。

対戦した小林・平久保組は、現状日本一のダブル後衛です。
特に平久保選手はJOCでは振るわなかったものの、シングルスでも日本のトップと言える
選手です。
そのダブル後衛をどのように雁行陣である佐々木・大庭組がやぶったのか、佐々木選手の左利きの
有利さを試合の戦略の中で、どう活かしているのか、そこが見所だと思います。

天皇杯・皇后杯TV放送
NHK Eテレ
平成26年11月3日(月・祝)
15:00〜16:00

2014天皇杯結果
http://www.jsta.or.jp/~akita/
posted by 管理者 at 14:31| Comment(0) | 日記